退去立会代行 / 原状回復工事

退去立会代行や解約精算をはじめ、原状回復工事まで一貫した業務を、
ワンストップでお引き受けいたします。

こんな方はぜひご相談ください

・解約時の返金トラブルを未然に防ぎ、スムーズな解約精算がしたい!
・解約時の立会いや、手続きの人件費や労力を最小限にしたい!
・退去から次の入居までの空室期間を短くして、賃料収益率をアップしたい!

賃貸入居者が退去の際、原状回復費用負担額でのトラブルが絶えない昨今ですが、退去立会当日にご納得の上ご承諾していただけるような、分かりやすい適切な説明と対応を心がけています。また、即座に工事に着工し、次の入居者募集が短期間でご入居できるようお引き渡しすることで、空室期間の短期化が実現します。収入に繋がらない立ち会い業務をアウトソーシングしていただくことで業務の効率化も図ることが出来ます。


退去立会代行業務の流れ

スケルトン解体

賃貸の店舗や事務所を借りて、使用用途にリノベーションをされた物件を解約する際、賃貸借契約書で交わした内容に従い、原状回復をしてお引き渡しすることとなります。次に借りられる方が居抜きで造作譲渡を受けてくださる場合もございますが、なかなか解約申し出から解約日までの間に次に借りたい同じような業種の方が見つからない場合もございます。その際は、借主様のご負担で解体しなければなりません。
原状回復は内装や間仕切りなどの簡易な撤去と、完全にコンクリートの躯体だけになるまで取り壊す「スケルトン解体」をする場合がございます。恒大ではすべての造作物撤去(電気工事設備や配線部分・水回り設備・厨房設備など)をお引き受けいたします。

貸主様(オーナー様・管理会社様)

退去立会のご依頼

・解約通知書類・契約書・重要事項説明書・間取り図・前工事履歴・入居時現況確認書・鍵預かり書・入居時のクレーム相談履歴など借主様より原状回復費用の負担分を現地立会完了時に承諾を頂きます(その場で工事価格を提示致します)。

弊社の業務手順

  • 1. 借主様の個人情報を厳重に管理しながら、立会日程調整
  • 2. 退去立会当日
    (株)恒大の専門スタッフが国土交通省原状回復ガイドラインに沿って公平な負担割合をご説明
  • 3. 入居中に故意・過失・善管注意義務違反・その他、通常の使用を超えるような使用による損耗毀損や、復旧しなければならない傷や汚れの査定
  • 4. 損耗毀損部位と査定内容を借主様にご説明
  • 5. 解約精算書・退去立会時チェックシートを作成
  • 6. 借主様に原状回復負担額精算書を提示
    ご承諾の署名捺印。鍵・取扱い説明書・リモコンなど貸与物の返却
  • 7. 退去時の現状写真及び間取り図に損耗毀損部位を記した書類と、貸主様借主様のご負担分を明確にしたお見積書を作成
  • 8. 貸主様へ貸室内の立会時の状況を細かくお知らせ。
    原状回復が必要な部位の工事内容や交換部材をご説明
  • 9. 貸主様より工事の発注
  • 10. 工事全体の日程をお知らせ
    ※管理人様へのご報告や近隣居住者様へのご連絡もお任せください
  • 11. 工事・クリーニング着工
  • 12. 期間厳守で工事・クリーニングを完了
    原状回復工事の部位をビフォワー、アフターの写真付き完了書類を作成しお引き渡し
  • 13. ご請求させていただきます

さまざまなプランでご対応!

Aプラン 入居者様と弊社で退去立会を行い、現地で精算書を作成し負担額の承諾を頂く
Bプラン 入居者様と弊社で退去立会を行い、負担額のお見積もりを貸主様及び管理会社様にお渡しする(入居者様との交渉は貸主様及び管理会社様が行う)
Cプラン 入居者様と貸主様及び管理会社様、弊社の三者で退去立会を行い、現地で精算書を作成し負担額の承諾を頂く
Dプラン 入居者様と貸主様及び管理会社、弊社三者で退去立会を行い、入居者様との交渉は貸主様及び管理会社様が行う
Eプラン 退去立会は行わず、貸主様及び管理会社様からいただいた原状回復お見積の工事を行う。

※この他にも、ご希望の退去立会代行のスタイルをご相談ください

page top

ご不明な点、詳細はお気軽にお問い合わせください。